猫好きミチコとミチオの安全な猫ご飯研究室

猫の蓄膿症

蓄膿症になったら、早く治療することが必要です。治療は困難ではないので、いつもと違う色の鼻水が出るなど、正常ではないと感じたら、早い内に診察してもらいましょう。
単なる咳だろうと考えていたら、驚くべき病気に罹っていたという事例もあります。特に病態が一向によくならない状態なら、医療施設にて診察してもらうことを推奨します。
鼻で呼吸ができないという症状に見舞われていませんか?放っていたりすると、ますます悪化して合併症に変化することもあり得ます。該当するような症状が見られた場合は、病・医院で診てもらいましょう。
胸を掴まれるような症状は言うまでもなく、息切れの経験があると言われるなら、「心不全」かもしれません。早急に手を加えるべき病気のひとつなのです。
腹部が膨らむのは、大概便秘か、もしくは腹部内にガスが溜まる為です。このような症状が発生する原因としては、胃腸がちゃんと稼働していないからだと結論づけられています。
「おくすり手帳」につきましては、個人個人が服用している薬を確かめられるように管理するために提供される一種の「カルテ」だと考えられます。医療用医薬品だけに限らず、今使用している一般用医薬品の種類と、その使用履歴などを忘れず記帳します。
適切な時間帯に、寝るために電気を消している場合でも、深い眠りに入れず、これによって、昼日中の生活の質が下がるような場合に、不眠症だと宣告されます。
ALSと言いますと、筋萎縮性側索硬化症の略です。どうしてなるのかは明確ではないのですが、症状が出る年齢からすれば、神経系細胞の加齢がその元凶であるのじゃないかと聞いています。
健康な毎日を送っている方は、健康の大切さは理解できないかもしれないです。健康の大切さにつきましては、病気に襲われてどうにか自覚できるものなのでしょうね。健康な暮らしが続くというのは、この世で一番喜ばしいものなのです。
ハードワークをした次の日に、筋肉が痛みに襲われるという身体的状況が、筋肉痛と呼ばれるものです。下手をすると、運動に限らず、単純に歩くことすら避けたいくらいの痛みが生じることも多々あるのです。
うつ病であるのかどうかは、容易にはわかりません。場当たり的な精神的な落ち込みや、働き過ぎが誘因のだらだら状態が多いからという理由だけで、うつ病だと決めつけることはできないでしょう。
膠原病に関しては、各種の病気を表わす総称になります。病気が違うと、その病状又は治療方法も相違するのですが、原則的には臓器を形作る細胞の、あり得ない免疫反応が主因だと言われています。
特定保健用食品(トクホ)は言うまでもなく、各種のサプリメントや健康食品は、どれもこれも「食品」の範疇に入れられており、外見は同様でも薬と言うことはできません。
糖尿病と言うのは、普段から予防が不可欠です。実現させるために、食事を日本に昔から伝わる食事に変更したり、適度な運動をしてストレスを貯め込まないように留意してください。
風邪でダウンした時に、栄養成分を体内に入れ、横になって休養したら元通りになった、という経験はないですか?このように快復するのは、各々が誕生した時から備わっている「自然治癒力」のお陰なのです。

猫の多頭飼い

img_0481

多数飼いをしています。高齢猫で腎不全の子もいれば、免疫疾患でステロイド投与をしている猫もいます。高齢ですので食が細いこともあり、キャットフードにはこだわりを持っています。
腎不全の子にはなるべく低タンパクのものを選ぶようにしております。ただ、腎不全用のキャットフードはうちの子たちには人気がなく、先日亡くなった子も食べるもの食べないものが激しく悩みました。こちらの※モンプチ輝きサポートは、匂いも強いのか最後まで食べてくれました。大きさもちょうど良いので食べやすいようです。キャットフードのカリカリの中では、大きめなものもあったりするのでこちらのように高齢猫用で小さいものを選んでいます。

購入のきっかけはまず※15歳以上のもの、または11歳以上のものをえらんでます。食べが悪いこともあるので、とにかくいろんなカリカリやウェットを試してます。うちはウェットよりカリカリをメインであげています。猫たちもウエットよりもカリカリを好む子が多いので。
食いつきが悪いときには、カリカリをチンして匂いを立たせてから食べさせています。
今、4匹いますが、それぞれ好みは違いますが、こちらは比較的みんな好んで食べているようです。
写真は※現在免疫疾患のため、闘病中の三毛猫と、腎不全軽度の猫の白黒ブチの2匹の猫です。

モンプチ輝きサポートの魅力は、やはり※小粒である事。タンパク質が少なめな事。15歳以上の猫たちをターゲットにしてあることです。
お値段は多頭飼いなのである程度こだわっていましたが、最近ではカ食べてくれるものならと、特に気にせずに様々なものを購入していますが、こちらはお値段もリーズナブルです。
香りについてですが、箱を開けた途端にマグロの香りが引き立っていますので、その辺も猫が好きなポイントでしょうか。こちらは、小魚やパウダーは特にかかっていないものですので、歯に挟まる心配もありません。着色料は使っていて、様々な色にして見栄えが良くなっているので
その点は気になる点ですが。。高齢で食べる餌も減ってきているので、今は着色料気にしておりませんが、若い猫ちゃんにはその辺りはデメリットかもしれませんね。
猫は白黒しかわからないとといいたすし、カ着色料を含んでいる朝はあまり良くない気がします。
1日5粒くらいしか食べない子もいますが、これからもモンプチ輝きサポートにはお世話になるつもりです。

猫の咳・・・気になるところ

肺や心臓などに恐ろしい心配の種が見られない時でも、胸痛が襲ってくることもあって、胸痛は問題だという恐怖心から、増々症状がエスカレートすることがあると聞きました。
今日では医療技術も大きく前進して、少しでも早く治療に取り組めば、腎臓のメカニズムの減退をストップさせたり、遅延させたりすることが可能になったそうです。
女性ホルモンについては、骨密度を保つ役割を担っているそうで、女性ホルモンの分泌がダウンし始める閉経の頃に骨粗しょう症に罹ることが多いと公表されています。
虫垂炎になる根本要因が何なのかは、今でも確と解き明かされてはいませんが、虫垂内に粘液などが蓄積され、そこで細菌が棲息し、急性炎症が起こる病気だという見解が大勢を占めます。
低血圧の方は、脚又は手指などの末梢部位にある血管の収縮力が悪化して、血液循環も円滑でなくなるようです。そのため、脳に届けられる血液量も低減することになるようです。
立ちくらみと言いますのは、ひどくなると、気絶してしまう場合もあるリスキーな症状だと考えます。何度も見られるというなら、重篤な疾病に蝕まれている可能性もあるので病院に行くべきです。
かつて成人病とも言われた糖尿病であるとか高血圧などの既往症を持っていると、その事がきっかけとなり脳卒中に進んでしまうという医者もいるようです。私達の25%と発表されている肥満も同じことでしょう。
心臓疾患の類の中でも、動脈硬化が原因で起こる虚血性心疾患は、ジワリジワリと増加してきているらしく、その中の1つの急性心筋梗塞は、約20%の患者さんが亡くなっています。
我々は味噌はたまた醤油などを多く使う人種ですから、誕生した時から塩分を体内に入れ過ぎる傾向が高いと考えられます。その食生活により高血圧症になり、脳出血へと進展するケースも目につくそうです。
問答無用で下痢を阻むと、身体にウイルスまたは細菌が残ることになり、更に悪化したり長期間続いたりするのと同様で、基本は、咳を止めることはしない方が良いとされているそうです。
医薬品という物は、病気の苦しさを和らげたり、その原因を解消することで、自然治癒力を援助してくれるのです。加えて、病気の感染予防などのために与えられることもあり得るのです。
理に適った時間帯に、寝るために電気を消している状態なのに、一向に眠れず、それが原因で、白昼の生活の質が低下する場合に、不眠症だと判断されます。
普通の咳だと信じていたのに、深刻な病気に見舞われていたということもあり得ます。取りわけ症状が長らく続いている状況なら、病・医院に出向くことが不可欠です。
健康に気を付けている方でも、身体に細菌が取り込まれると、免疫力が一気に低下するものなのです。生まれながらにして身体が弱かった人は、必ずうがいなどを行なってください。
数多くの女の人が頭痛の種になっているのが片頭痛なんだそうです。消えることがない痛みは、心臓の鼓動に応じるようにズキズキすることが一般的で、5時間~3日くらい続くのが特色だと言われています。

猫に人気のキャットフードとは

猫が好きで好きでたまらないミチコとミチオです。

猫が好きでもう猫なしの生活は考えられません。

猫って存在そのものがかわいいんですよね。

もう猫は私たちにとって、たまらない存在です。

猫がいなかった頃の生活はどんなものだったのかと、今ではもう想像できないです。

猫は家族同然で、猫を動物として扱っていません。

猫はもう私たちと同じ人と同じような存在です。

猫=動物ではなく、私たちの中では、猫=人みたいな図式になってしまっています。

猫はいてくれるだけで、私たちを癒してくれると思っています。

癒しの存在って重要ですよね。

癒しの存在がいるかいないかで、生活そのものが潤いのある生活になるかどうか変わってくると思うんです。

犬と猫だったら、私たちは当たり前ですが猫派なので、もしペットに何か飼いたいと相談されたら、迷うことなく猫をすすめると思います。

猫は初めてペットを飼う人にとってはとても飼いやすいと思います。

もっとも私たちはもう猫を飼っているとは思っていないですが、猫はお世話が犬に比べるとラクなので、ペット初心者は猫を飼うのがいいのではないかと思っています。

猫のお世話は基本的に猫のトイレ掃除とご飯をあげるぐらいです。

猫は犬と違ってかまってちゃんではないので、猫をかまってあげる必要はありません。

猫は勝手に1人で遊んでいます。

人に遊んで欲しい時だけ、人の近くに来て甘えてきます。

そういう時に遊んであげればいいので、とてもお世話がラクだと思います。

散歩をする必要もないですしね。

あと、おもしろいのが猫って意外と自分の意志というものがあるんです。

好き嫌いが割とはっきりしている方だと思います。

なので、キャットフードも好き嫌いがある猫もいると思います。

キャットフードを食べる猫

猫の中には、キャットフードを選り好みする猫もいるとよく聞きます。

猫ってグルメなんですね。

そんな猫でもカナガンキャットフードだったら、どの猫も好んで食べるという話をよく耳にします。

どの猫もカナガンキャットフードはおいしいみたいですよ。

カナガンキャットフードはネットで購入するキャットフードです。

カナガンキャットフードを楽天で買うバカがまだいるのか?

うちの猫もカナガンキャットフードをあげると喜んで食べるんです。

猫が好むようにカナガンキャットフードは作られていると思います。

是非、色々な猫たちに食べてもらいたいキャットフードだと思います。

猫にもバセドウ病ってあるの?

バセドウ病に罹患している人の90%余りが女性の人で、50歳前後の人によく発生する病気だということと、うつに落ちったりすることから、更年期障害だと判断されてしまうことが稀ではない病気だと言われます。
膠原病が女性陣に多いのは、女性ホルモンが影響を与えているからだと聞きました。だけど、男の方が発症することが過半数を占めるという膠原病もあるわけです。
特定保健用食品(トクホ)に限らず、種々のサプリメントや栄養補助食品は、丸ごと「食品」だとされていて、外見は同様でも薬ではないので、ご注意ください。
人の身体は、各々相違していますが、ジワジワと年を取っていくものですし、全身のパワーもレベルダウンし、抵抗力などもレベルダウンして、そのうちそれなりの病気が発生して死亡するということになります。
呼吸が難しかったり、鼻の内側から変な匂いがするといった症状がつきものの蓄膿症。実際的には、鼻風邪を引いたことによって発症することもわかっている、みんなに可能性のある病気だと言って間違いありません。
不意に足の親指をはじめとする関節が腫れあがって、凄い痛みに苛まれる痛風は、男性の方々メインに罹患する疾病だとされています。発作が現れますと、しばしの間耐え切れないほどの痛みが継続するそうですからたまりません。
少子高齢化が災いして、なお一層介護の仕事をする人が十分ではない我が日本におきまして、後々尚のことパーキンソン病患者が増大していくというのは、根深いテーマになるに違いありません。
急性腎不全におきましては、最良の治療を実施して、腎臓の機能を悪化させた要因自体を除去することができれば、腎臓の機能も復調することもあり得ます。
アルコールに起因する肝障害は、一瞬で姿を現すわけではないと言われます。ただし、長きに亘って飲み続けていると、例外なく肝臓はダメージを負わされます。
鼻で空気を吸えないという症状に見舞われていませんか?無視していると、ますます悪化して合併症を発生させることも考えられます。不安な症状が現れたら、専門病院で診てもらいましょう。
近場の薬局などを覗くと、腐るほどサプリメントが並んでいますが、足りない栄養は個々人により変わります。あなた自身は、自らに充足していない成分を認識されていますか?
お薬と言うものは、病気の苦しさを和らげたり、その原因を排除することで、自然治癒力の力となります。その上、病気の拡散対策などに利用されることもあり得るのです。
ウイルスにとったら、寒い時節は最高の環境なのです。感染するのが簡単になるほか、空気中の湿度が低下すると、ウイルス自体の水分が蒸発することで比重が小さくなるため、空気中に浮遊することが多くなり、感染しやすくなるというわけです。
健康診断の結果表を見て、動脈硬化に陥る要素があるのか否かを見極めて、良くない素因があるようなら、一刻も早く毎日の生活を再検証し、改善するように努めた方が良いと思います。
ほとんどの女性の皆様が参っているのが片頭痛のようです。除去できない痛みは、心臓の拍動と同様にもたらされることが一般的で、5時間~3日位続くのが特徴なのです。

いとこが膠原病とか言われているんだけれど・・・

ALSに関しましては、筋萎縮性側索硬化症のことです。どうしてそうなるのかは明確ではないのですが、発症する歳から逆算すると、神経細胞の劣化が作用を及ぼしている可能性が少なくないと言われているそうです。
お薬に関しては、病気の症状を抑えたり、その原因を克服することで、自然治癒力の働きを最大化します。そして、疾病の流行防御などに用いられることもあると言われます。
自律神経失調症と言うと、生まれながらにしてセンシティブで、直ぐ緊張する人が罹患しやすい病気だと言われています。鋭敏で、考えるだけ無駄な事でも胸を痛めたりするタイプが大部分です。
低血圧に陥ると、脚または手指などの末端部分に位置する血管の収縮力が低下し、血液循環も滑らかさが損なわれると聞きます。結果的に、脳に到達する血液量も低下する可能性が言われます。
最近は医療技術もレベルアップし、できるだけ早急に治療をスタートさせれば、腎臓の働きの悪化をブロックしたり、遅くしたりすることが可能になったそうです。
どのようにして虫垂炎になるのかは、今でもきちんとは解き明かされてはいませんが、虫垂内に不要なものが蓄積されて、そこで細菌が棲息し、急性炎症が発現する病気だろうと言われます。
糖尿病が要因となって高血糖状態のままでいるという方は、少しでも早くちゃんとした血糖コントロールを実施することがマストです。血糖値が正常値に戻れば、糖も尿から排出されたりしなくなります。
スポーツなどをして、多量の汗をかいた状況では、一時だけ尿酸値がアップするのが一般的です。従って水分を補わないと、血中の尿酸濃度が高いままの状態になって、痛風に繋がる可能性があるのです。
咳については、喉の奥に蓄積された痰を処理する働きがあると言えます。気道を形成する粘膜は、線毛と呼ばれている顕微鏡的な毛と、表面を覆う役目の粘液が認められ、粘膜を保護しているのです。
飲む薬が自然に具している特質や、患者さんそのものの体質が影響して、きちんと摂り込んでも副作用が起きることがあると言われます。加えて、思い掛けない副作用が現れることも時々あるのです。
現状では、膠原病は遺伝とは関係ないと想定されていて、遺伝を示すようなものも何も出てきていません。ですが、生まれたときから膠原病に見舞われやすい人がいるのも実態です。
ウォーキングと言いますと、体全部の筋肉もしくは神経を使用する有酸素運動というわけです。筋肉を進化させるのは言うまでもなく、柔軟性も高めますので、筋肉痛を知らない身体になり得ます。
脳関係の病気になると、吐き気であったりこれまでにない頭痛といった症状が、並行して発生することが一般的です。それとなく不安に思う方は、病院で検査を受ける方が賢明でしょうね。
高血圧だと診断されても、自覚症状があると答える方は多くありません。ですが、高血圧状態が長期化してしまうと、影響を受ける血管または臓器には、種々の合併症が齎されます。
アルコール摂取が原因の肝障害は、一瞬のうちに出現するものではないそうです。そうは言っても、長期間たくさんの量の酒を飲んでいると、その量に匹敵するかのように、肝臓はダメージを受けるはずです。

糖尿病も気にしなければいけないお年頃?

糖尿病が災いして高血糖状態から脱出できないという方は、躊躇せずきちんとした血糖コントロールを講ずることが絶対必要です。血糖値が恢復すれば、糖分も尿からは出なくなります。
今でも意外と認知されていませんが、ぜんそくが恐れられているのは、命を落としてしまう可能性のある疾患であることがはっきりしているからです。一年の間に、おおよそ2000人の罹患者が、ぜんそくの発作で亡くなっていると公表されています。
健康体だと言える人は、健康の大切さは分からないのではないでしょうか。健康の大切さに関しましては、病気になって何とか自覚するものだと言えそうです。健康な暮らしができるということは、特に嬉しいことですね。
今までだとアトピー性皮膚炎は、小さな子供に生じる疾病だと思われていましたが、ここ最近は、それ以外の人にも見受けられます。確実な治療とスキンケアに頑張れば、克服できる病気みたいです。
健康診断をして、動脈硬化になり得る要素があるのか否かを検証し、あまりよくない因子が見つかれば、直ぐ日常スタイルを再点検し、回復するように気を付けて行動してください。
各種の症状がもたらされる中で、胸部に痛みが出る場合は、生命に深く関与する病気に晒されている危険性があります。痛みが出たのはいつごろか、どこの部位が傷むのかなど、包み隠さず先生にお話することが必要です。
吐き気とか嘔吐の要因自体というと、大したことのない胃潰瘍だとか立ち眩みなど、それほど深刻に考える必要のないものから、くも膜下出血を始めとした死ぬかもしれないという病気まで、多種多様です。
いつでも笑いを絶やさずにいることは、健康でいるためにも意識するといいでしょう。ストレスの解消のみならず、病気の改善に繋がるなど、笑顔には喜ばしい効果がさまざまあります。
現状においては、膠原病が遺伝することはないと言われておりますし、遺伝的な要素も見つかっていません。ただし、最初から膠原病になる可能性の高い人がいるのも嘘ではありません。
近くのドラッグストアなどをチェックすると、有り余るほどのサプリメントが並べられていますが、不可欠な栄養素はその人その人でまったく異なります。あなた自身は、自らに不可欠な栄養素を認識していますか?
脳卒中とは、脳内に存在する血管で血液が固まってしまったり、それが故に破裂したりする疾病の総称とのことです。数種類に区分できますが、圧倒的に症例が多いのが脳梗塞だとされています。
ガンに関しましては、カラダ全体のあらゆる場所にできる可能性があるのです。大腸や胃などの内臓ばかりか、皮膚や血液などに発生するガンも見られます。
人の身体というのは、体温が低下することになると組織の生まれ変わり活動が衰え、ウイルスと対峙する免疫力が低下します。加えて、夏と比較対照すると水分補充もすることがないので、体内の水分量も減る一方です。
運動に取り組んだ次の日に、筋肉に痛みが出てくる状況が、筋肉痛というわけです。ひどい場合は、運動に加えて、単純に歩くことすら拒否したいほどの痛みが生じることも多々あるのです。
心筋梗塞は朝早い時間帯に発生することが多いということから、ベッドから出たら、早速グラス1杯ほどの水を摂りいれることを心に決めて、「目をつぶっている間に濃度が高くなった血液を低濃度化する」ことが不可欠だと聞きました。

動脈硬化のこと

動脈は年齢を重ねれば重ねるほど老化し、段々と弾力性が乏しくなり、硬くなることになります。要するに、動脈硬化は老化現象で間違いないのですが、その進展度合いは人それぞれで大きな差が出ます。
脳卒中については、脳に存在する血管で血液が流れなくなったり、その事が災いして破れたりする疾病の総称だと聞いています。複数の種類に分かれますが、圧倒的にその数が多いのが脳梗塞だとのことです。
糖尿病と申しますと、インスリン生成が困難な「1型糖尿病」もあるのです。この病気は自己免疫疾患だと分類されており、遺伝的素因がかなりの確率で関与していることがわかっています。
蓄膿症の方は、早く治療することが肝要です。治療そのものは簡単に済むので、変な色の鼻水が大量に詰まっているなど、正常ではないと感じたら、早い内に医師に診せましょう。
胸痛の発作が出ている人に出くわした時に要されるのは、素早い行動だと思われます。直ぐに救急車の段取りをし、AEDが周囲にあれば心肺蘇生法にトライするように動きを取ってください。
膠原病が女の人達に多く発見されるのは、女性ホルモンが影響を及ぼしているからだとされています。ではありますが、男性の方々が発症することが大部分であるという膠原病もあるわけです。
「おくすり手帳」と申しますと、個人個人が利用してきた薬を全部管理することを目論む一種の「カルテ」なのです。医療用医薬品は言うまでもなく、今使用している一般用医薬品の名と、その使用の実態などを明記します。
高齢者にとって、骨折が救いがたい怪我と言われるわけは、骨折のために身体を動かすことができない日々が出現することで、筋力が落ち、歩けない身体になってしまう公算が高いからです。
笑うことによって副交感神経の働きが活発になり、ストレスホルモンの分泌量が少なくなるので、脳の温度がダウンします。逆に言えば、ストレスが溜まると交感神経の働きが優位になり、脳の温度が上昇すると言われています。
クスリと言われるものは、病気で苦しい状態を和らげたり、その原因を除去することで、自然治癒力の力となります。これ以外には、疾病の流行予防などのために提供されることもあり得るのです。
痒みは皮膚の炎症が要因となり発生するものですが、精神的な面も影響し、気に掛かることがあったりナーバスになったりすると痒みがひどくなり、爪を立てて掻きむしると、一段と痒みが激しくなるようです。
健康である内は、健康の大切さについて感じることはあまりないと思います。健康の大切さと申しますのは、病気に陥ってようやく自覚できるものだと思われます。健康に生活できるというのは、何にも増して有難いことだと思います。
胸を締め付けられるような症状の他にも、息切れがひどいとおっしゃるなら、「心不全」の公算が高いです。今直ぐ処置をすべき病気の一種になります。
当たり前ですが、「自然治癒力」がきちんとその作用を全うしないこともあり得ます。そんな時に、病気からの回復を後押ししたり、原因をなくすことを目的に、医薬品を利用します。
咳などを我慢できない場合は、ハンカチやティッシュを用いて口と鼻を押さえることを忘れないでください。飛び散りを極限まで広まらないようにする心遣いが、感染の抑止に繋がります。礼節をわきまえて、感染症が発生しないようにしたいものです。

猫にふさわしいキャットフードとは

猫が好きで好きでたまらないミチコとミチオです。

2人とも猫が好きすぎて困ってしまっているぐらい猫が好きです。

気持ち良さそうな猫

もう猫がいない生活なんて考えられません。

うちでは猫がたくさんいて、常に猫が近くにいる状態です。

寝室だけにはなるべく入れないようにしているのですが、猫って寝室が好きなんですよ。

寝室にある布団が好きみたいです。

寒くなると特に布団の上で寝るのが、猫にとって極上の幸せらしく、寝室を出入りしていると、猫が寝室に入ろうとめがけて突進してくるしまつです。

そんな猫の姿もかわいいんですよねー。

本当は入れないように心がけているのですが、ついつい猫を寝室に入れてしまっています。

でも、たくさん寝室に入れないように、猫の数を制限はしているんですよ。

それでも複数匹、寝室に入れてしまいます。

駄目ですね。

入れないようにと心がけていても、つい猫のかわいさに許してしまうなんて。

心がけていても、意志が弱いせいか、猫の言うがままにされてしまっています。

私が猫が好きなのは、猫の仕草が好きなのもあるのかもしれません。

猫の仕草といっても、毎日同じことを繰り返すだけなのですが、それでも毎日見ていても飽きることがないんですよ。

そんな自分に困っています。

なんでそんなに猫に魅了されているんでしょう。

猫がかわいくてしかたありません。

猫はもう「猫」ではなく、人と同じような存在です。

人と同じような存在なので、猫にあげるキャットフードには気をつかっているつもりです。

人もそうですが、食べたものがそのまま健康に影響しますよね。

キャットフードが猫の健康を左右するといっても過言ではないと思います。

なので、猫にあげるキャットフードにはこだわりたいと思っています。

どんなキャットフードがうちの猫にふさわしいのか、ネットなどで調べたり、ペットショップの店頭のキャットフードを見て回ったりなどして、キャットフードを自分なりに研究しています。

やっぱり自分が納得するようなキャットフードをあげたいですよね。

ネットなどの口コミもすごく参考になると思います。

猫には長生きしてもらいたいと思っています。

安心してキャットフードを与えるために

猫が大好きなミチコとミチオです。

猫が2人とも大好きです。

猫を家で多頭飼いしています。

猫を飼い始めたのは、1匹の野良猫との出会いでした。

野良猫が私たちにある時出会って、その後、よく見かけるようになり、最後には私たちについてくるようになったんです。

すっかり懐いてしまったその野良猫を最終的にはうちで飼うことになりました。

そうして、猫の魅力にハマっていき、その後、猫をたくさん飼うようになった次第です。

猫の仕草はとてもかわいいですよね。

何かを見つめる猫

最近、猫ブームだそうで、昔から猫が好きな私たちにとっては、「やっと猫のかわいさが認められたんだ」というような感じです。

猫ブームが一過性のものにならないことを祈るばかりです。

昔は犬が主流だったので、犬のキャラクターの雑貨などはよく売られていたのですが、猫の雑貨類は売られていることがほとんどなくて、猫の雑貨を探すのに苦労していました。

でも、最近は猫ブームのおかげで、どの雑貨屋さんでも猫のイラストなどが描かれたグッズを見かけるようになり、猫の雑貨を簡単に買うことができるようになりました。

そのため、雑貨屋さんで猫グッズを見かけると、つい買ってしまい、家の中は猫の雑貨であふれてしまっています。

すっかり猫に魅了されてしまっているミチコとミチオです。

そんな大切な猫には安心・安全なキャットフードを与えたいですよね。

猫の健康にキャットフードは直結しているわけですから、安心・安全なキャットフードをあげたいと誰もが思うはずです。

安心してキャットフードをあげるためには、それなりに名前の知られたメーカーであったり、名前の知られたキャットフードであったりするのがいいかと思います。

よくわからないようなメーカーやキャットフードだと、どんなものがキャットフードを作るのに使われていたり、生産過程がわからなかったりするので、それなりに知られたキャットフードを猫に与えることをおすすめします。

家族同然の猫には、自分が納得するようなキャットフードをあげたいと飼い主として誰もが思うのではないでしょうか。

キャットフードを選ぶ時にはメーカーも気にする

猫って本当にかわいいですよね。

なんであんなにかわいい生き物がこの世の中にいるのかわからないぐらい、本当にかわいいです。

我が家では猫を複数匹飼っているのですが、それでも外で野良ちゃんを見つけると、思わず野良ちゃんを追いかけてしまいます。

野良猫でもかわいいんですよね。

猫というだけで野良であろうと、自分の家の猫であろうと、かわいいのには変わりありません。

猫を見るのが好きなので、ショッピングモールなどに行っても、必ずペットショップに行ってしまいます。

ペットショップにいる子猫も、ガラス越しですがついつい眺めてしまって、時間を忘れてしまうほど長居してしまうこともよくあります。

子猫がかわいいのは当たり前ですが、猫は大人になってからもかわいいんですよね。

猫の動作そのものがかわいくてしかたありません。

猫の動作1つ1つがもうかわいすぎです。

そんなかわいい猫の動作を見ているだけで、溜まっていたストレスなども一気に吹き飛んでしまいます。

見つめる猫

猫はもう私たちの生活には欠かせない存在になっています。

もちろん自分の家の猫はまた格別です。

どうしても親馬鹿になってしまいますよね。

そんな大好きな猫にあげる食事には気をつけたいですよね。

猫にあげるキャットフードというのは、猫の健康を大きく左右するものだと思います。

なんといっても、猫はキャットフードと水しか一般的に食べないわけですから、猫の食事のほとんどを占めるキャットフードというのはとても大切だと思います。

なので、どんなキャットフードでもいいというわけではないと思っています。

やっぱり安心できるキャットフードを猫に与えたいですよね。

キャットフードのメーカーというのもチェックするべき項目だと思います。

信頼できるメーカーのキャットフードだと、やっぱり安心して猫に食べさせることができますよね。

キャットフードのメーカーをチェックして、キャットフードを買うというのも大切なことだと思っています。

大切な猫には安心、安全なキャットフードを与えたいものです。

キャットフードを選ぶ時に気をつけるポイント

猫が大好きなミチコとミチオです。

猫を家で多頭飼いしています。

猫はいつ見てもかわいくて仕方ありません。

どうしてあんなにかわいいんでしょうか。

仕事とかで疲れていても、猫を見るだけで心から癒されます。

猫は行動パターンが決まっているのですが、それでも毎日猫を見ていても飽きることはありません。

猫って本当にかわいい生き物ですよね。

私にとって、猫は猫ではありません。

猫として、つまり動物として見ることができないレベルになってしまっています。

それぐらい猫の存在が大きいです。

猫だけど、人間と同じぐらいの存在です。

もう猫がいない生活なんて考えられません。

「NO CAT NO LIFE」です。

子猫たち

我が家では猫はそんな感じなので、猫は家族同然の存在として扱っています。

猫は気ままなので、甘えに来たり来なかったり、その時の気分次第なのですが、それでもかわいいです。

猫が甘えてくる姿は言葉にできないほど、かわいくて仕方ありません。

何でこんなに猫は人を魅了するのでしょうか。

そんな人間と同じような存在の猫にあげるキャットフードには十分注意を払っているつもりです。

食べものって、体に入るわけなので、そのまま健康にもつながるものですよね。

人で考えるとわかることだと思います。

なので、猫に与えるキャットフードは、猫の健康を左右するものなので、ちゃんとしたキャットフードを選ぶように心がけています。

キャットフードを選ぶ基準は色々あるかと思います。

その基準の中でも気にしたい部分が、キャットフードの原材料です。

原材料で変なものを使っていたら、それが猫の体に害となってしまいますよね。

猫の健康に良くないものは、極力与えないように気を付けるようにしています。

そういったことからも、やはり原材料にこだわったキャットフードを選ぶべきだと思っています。

家族同然の猫なのですが、猫の健康を考えるのは当然のことだと思います。

猫を飼っている方には、是非、猫の健康を考えてキャットフード選びをしてもらいたいと思います。

猫には安心してキャットフードを与えたい

猫が大好きで、家で複数飼いしているミチコとミチオです。

猫って見ているだけで癒されますよね。

どうしてあんなに愛おしい生き物なんでしょうか。

本当にかわいすぎてたまりません。

どんな仕草でも、猫がするとかわいく見えてしまいます。

猫っておもしろい生き物ですよね。

猫の仕草で、物などにスリスリする動作や、手をもみもみしてゴロゴロ言う動作などはホントたまりませんよね。

物などにスリスリするのは、自分のにおいをつけているからみたいです。

物に自分のにおいをつけて、「これは僕(私)の所有物!!」と主張しているようです。

他の猫にその物を取られたくないという思いから、そういった行動をしてしまうんでしょうか。

でも、複数飼いをしていなくても、スリスリとしますよね。

猫の習性って本当におもしろいと思います。

そして、手でもみもみする仕草もたまりません。

手をもみもみする動作というのは、猫が赤ちゃんだった時にママのおっぱいを飲むときに手でもみもみした名残りだといわれています。

それでもって、もみもみする時って、同時にゴロゴロ言いますよね。

このゴロゴロと喉を鳴らす仕草もたまりません。

猫のゴロゴロと喉を鳴らす仕草を見るだけで、癒されてしまいます。

もはや猫を動物として見られなくなってしまっている私です。

もう猫は家族の一員ですよね。

大事な家族です。

そんな家族と同じぐらい大切な猫のご飯はやっぱり猫の体にいいものを食べさせたいですよね。

キャットフードを食べる猫

体に良くないものがダメというのは、人間も猫も変わりないと思います。

猫の体にいいものとなると、どこでそのキャットフードは作られたものなのか、添加物には有害なものが入っていないかなどを気にする必要があると思います。

やっぱりどうやって作られているものなのかなど、キャットフードの生産過程がわかるキャットフードの方が安心して猫に与えられますよね。

生産過程をオープンにしているキャットフードだったら、家族同然の猫に安心してあげることができると思うので、そういったキャットフードを選ぶことをおすすめしたいと思います。

どのようにキャットフードを選ぶか

猫って本当にかわいいですよね!!

道を歩いていて、野良猫を見るだけで、追いかけてしまいます。

野良猫もかわいいんですよねー。

猫って自分の飼っている猫でなくても、かわいいと思ってしまいます。

本当に猫の姿を見るだけで癒されます。

猫はどうしてそんなに人を魅了してしまうんでしょうか。

猫を見ているだけで、心が洗われるような気がしてなりません。

猫は私たちにとってなくてはならない存在だと思っています。

犬と猫とどちらが好きかと聞かれたら、迷うことなく「猫」と答えると思います。

犬ももちろんかわいいとは思いますが、猫はそれ以上に私にとってはかわいくてしかたありません。

猫の仕草のすべてがかわいいんですよね。

寝ている姿、毛づくろいをしている姿などなど本当に猫はかわいいですよね。

何かを見つめる猫

でもやっぱり1番かわいいのは、自分の飼っている猫だと思ってしまいます。

親馬鹿ですよね。

親馬鹿でもしかたないですよね。

人も自分の子が1番かわいいですもんね。

猫もそれと同じで、自分の飼っている猫がやっぱり1番かわいいと思ってしまうんだと思います。

そんな溺愛している猫ですが、猫には長生きしてほしいですよね。

猫が食べるものといったら、キャットフードと水ですよね。

これらが猫の健康を左右するといっても過言ではないと思います。

なので、キャットフードには気をつかう必要があると思います。

量販店などで色々な種類のキャットフードが販売されています。

種類が多すぎて、どれがいいのかわからないですよね。

キャットフードには、症状別に売られているものもあります。

たとえば、結石になりにくいとか、毛玉を吐きやすいなど色々なキャットフードがあります。

でも、結石になりにくいといっても、そういった種類のキャットフードはたくさんありますので、その中でどのキャットフードを選んだらいいかわからないですよね。

実際に猫に食べさせてみて、効果があるのか試してみるしかなさそうです。

もちろん、キャットフードの口コミなどを参考にするというのも1つの方法だと思います。

口コミというのは色々な人の意見を聞くことができるので、これを活用するのはいいのではないでしょうか。

 

猫の好きなキャットフードは?

猫が大好きなミチコとミチオです。

猫をたくさん飼っています。

猫って本当にかわいいですよね!!

猫の仕草1つ1つで、もう癒されてしまいます。

猫は毎日同じことを繰り返して生活していますよね。

猫は基本的に寝てばかりいると思います。

猫が寝ていない時は、静かに座っているか、毛づくろいしているか、ご飯を食べている時ぐらいだと思います。

猫は寝てばかりだから「ねこ」という名前がついたと言われているぐらい、本当によく寝ます。

寝てばかりいて、寝るのが疲れたりしないのかなぁと思ってしまうぐらい、良く寝ています。

寝ている猫

猫は寝ている時に何を考えているんでしょう。

何の夢を見ているんでしょうか。

猫の見ている夢を見てみたいですよね。

きっと幸せな夢を見ているんでしょうね。

気持ちよく眠っている夢とか、おいしいご飯を食べている夢とか、遊んでいる時の夢とか、そんなような夢を見ているんでしょうか。

猫好きな私たちは、猫の頭の中に入って、猫が見ている夢を見てみたいと思ってしまいます。

また、猫が普段何を考えているのかも知りたいです。

猫は何を考えて、毎日を生きているのでしょうか。

家猫は特に、天敵などもいないので、平和に暮らしていると思います。

まったりゆったりと、家の中で毎日を暮らしていると思います。

そんな平和な猫は何を考えて生きているんでしょうね。

毎日、何を遊ぶのか考えているんでしょうか。

それとも、ご飯のことを考えたりしているのでしょうか。

寝てばかりいる猫にとっては、ご飯の時間というのはすごく楽しみにしている時間だと思います。

人間でもご飯の時間は楽しみですもんね。

寝てばかりいる猫であれば、なおさらご飯の時間は楽しみなのかもしれませんね。

猫はどういったキャットフードが好きなんでしょうか。

猫と会話ができればそれがわかるのですが・・・。

猫とは会話ができないので、自分の飼っている猫がどういったキャットフードが好きなのか、飼い主が理解してあげないといけないですよね。

自分の猫がどういったキャットフードが好きかどうか知るためには、色々なキャットフードをあげて、反応を見るのが1番の近道なのかもしれませんね。